人気ブログランキング |

5月26日
イギリス最終日です。
出発の12時30分まで自由時間でした。

行きたいお店はたくさんありますが、
あいにく日曜日で開店時間が遅くて…。

ホテルから歩いて10分の
ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で
過ごすことにしました。
開館10時と同時に入りました。

1852年、装飾博物館として創設。
室内装飾、古美術、工芸、デザインを展示。




e0390487_21212302.jpg




e0390487_21220053.jpg




e0390487_21220059.jpg



1階 ルネッサンス・ギャラリー



e0390487_21221844.jpg




e0390487_21223247.jpg




e0390487_21470178.jpg




e0390487_21470641.jpg




e0390487_21471339.jpg



4階 ブリティッシュ・ギャラリー
ウィリアム・モリスのファブリック


e0390487_21470117.jpg




e0390487_21470822.jpg




e0390487_21533243.jpg




e0390487_21533610.jpg




e0390487_21535820.jpg




e0390487_21540280.jpg




e0390487_21534757.jpg




e0390487_21564711.jpg




e0390487_21565215.jpg




e0390487_21565732.jpg




e0390487_21570104.jpg




e0390487_21570654.jpg




e0390487_21595968.jpg




e0390487_22000572.jpg




e0390487_22000930.jpg




e0390487_22001302.jpg




e0390487_22001881.jpg



ジュエリー・ガラス・家具・セラミック
ファッション…
ほんの一部分しか見られなかったです。


1階のV&Aショップへ。




e0390487_22132943.jpg




e0390487_22133613.jpg




e0390487_22142185.jpg




e0390487_22143149.jpg




e0390487_22170409.jpg




e0390487_22170904.jpg




e0390487_22171494.jpg




e0390487_22172079.jpg




e0390487_22172546.jpg




このショップ、とても素敵な物ばかり。
おみやげを買うなら、オススメです。
手芸用品も豊富。
ガーデニンググッズもありました。
カゴを持って、お買物競争のように急ぐ。
ゆっくり見たかったです。
お値段も安かったです。




e0390487_22185712.jpg




e0390487_22193672.jpg




e0390487_22195947.jpg




e0390487_22201447.jpg




e0390487_22202794.jpg




e0390487_22231772.jpg




e0390487_22233916.jpg




e0390487_22240124.jpg



そして、どうしても行きたかったカフェ。
ウィリアム・モリスのお部屋。




e0390487_22250483.jpg




e0390487_22262714.jpg




e0390487_22363030.jpg




e0390487_22361740.jpg




e0390487_22362179.jpg




e0390487_22362713.jpg




e0390487_22365100.jpg




e0390487_22384221.jpg



V&A、滞在2時間。
一日でも過ごせるような博物館でした。
ロンドンに来たら、また訪れたいです。
ゆっくり…




e0390487_22384751.jpg




e0390487_22391072.jpg




e0390487_22390043.jpg




e0390487_22391705.jpg



12時過ぎにホテル着。
荷物を持って空港に向かいます。



piecing flower🐰🇬🇧

# by piecingflower_v93 | 2019-06-15 23:00 | Comments(0)

チェルシー・フラワー・ショーの会場から
テムズ川沿いに約10分歩きました。
高級住宅街チェルシー地区にある
高い壁に囲まれた秘密の花園のようです。




e0390487_21142152.jpg




e0390487_21142614.jpg




e0390487_21143220.jpg




チェルシー・フィジック・ガーデン

1673年、ロンドン薬剤師協会によって
設立されました。
薬効植物の育成と栽培、研究のため、
ハーブなどの薬用植物が栽培されています。
その数、約5000種類。

イギリスでオックスフォード植物園に次いで
二番目に古い植物園だそうです。




e0390487_21161657.jpg




e0390487_21180286.jpg




e0390487_21185764.jpg




e0390487_21223244.jpg




e0390487_21232544.jpg




e0390487_21232473.jpg




e0390487_21234034.jpg




訪れた日は土曜日で休園日でした。
フィジック・ガーデンの教育長である
マイケル・ホーランドさんに
特別に案内していただきました。


6月20日から始まる
蓼科高原バラクライングリッシュガーデンの
フラワーショーで
マイケル・ホーランドさんのレクチャーが
あります。


ロンドンの街なかにある
緑に囲まれた静かなガーデンでした。




チェルシー・フラワー・ショー最終日、
展示されていたお花が安く売られるそうです。
お花をたくさん持って帰る人達。


自分の背丈ほどの大きなデルフィニウムを
リュックサックに入れて背負って
両手にも大きな袋を下げて歩くおばあさん。

私も家が近ければ、持ち帰りたかったです。
最終日だけ見られる楽しい光景でした。




e0390487_21403432.jpg




e0390487_21540663.jpg




いよいよ、イギリス最後の夜となりました。




e0390487_21542037.jpg




e0390487_21541634.jpg




e0390487_21543123.jpg




最後のディナーは
フィッシュ&チップスです。
すごく大きいです!!




e0390487_21544504.jpg




e0390487_21591970.jpg




e0390487_21593709.jpg




e0390487_21595229.jpg




piecing flower🐰🇬🇧


# by piecingflower_v93 | 2019-06-14 22:22 | Comments(0)

5月25日
チェルシー・フラワー・ショー




e0390487_21191928.jpg




e0390487_21190769.jpg




e0390487_21191233.jpg



王立園芸協会(RHS)が主催
チェルシーで開催されるガーデンショー
今年は5月21日〜25日
今日が最終日となります。



ショーガーデンのコンテストがあります。




e0390487_21541962.jpg




e0390487_21551772.jpg




e0390487_21560246.jpg




e0390487_21560426.jpg




e0390487_21561529.jpg




e0390487_22000492.jpg




e0390487_22001508.jpg



Kampo no Niwa
漢方の庭

北海道の若手ガーデンデザイナー
佐藤未季さん、柏倉一統さんのガーデンが
金賞を受賞されました。

北海道の風景を反映しつつ
風水を取り入れた庭に
北海道で育つ薬効がある植物を植え込んだ
「健康と幸せを実現する庭」




e0390487_22011545.jpg




e0390487_22014533.jpg




e0390487_22021792.jpg




e0390487_22065297.jpg




e0390487_22073495.jpg



アンドリュー・ダフさんのショーガーデン

先日訪れた お庭、ジョン・ブルックスさんの
直系のガーデンデザイナーです。
10月蓼科バラクライングリッシュガーデンで
アンドリュー・ダフさんのレクチャーが
開催されるそうです。楽しみです。




e0390487_22081833.jpg



特別にガーデンの中に入れていただき、
椅子に座らせていただきました。




e0390487_22082538.jpg




e0390487_22084428.jpg



ショーガーデンの他に、ガーデニングに関する
展示・出店がたくさんあります。




e0390487_22291088.jpg




e0390487_22285909.jpg




e0390487_22290410.jpg




e0390487_22290984.jpg




e0390487_22321196.jpg




e0390487_22321758.jpg




e0390487_22322455.jpg




e0390487_22323049.jpg




e0390487_22362486.jpg




e0390487_22363149.jpg




e0390487_22363658.jpg




e0390487_22365764.jpg




e0390487_22370421.jpg


ショップの辺りは、すごい人混みで
あっという間にグループから離れてしまい、
しばらく一人でブラブラ見て歩きました。




e0390487_22415408.jpg




e0390487_22414863.jpg




e0390487_22415375.jpg




e0390487_22420197.jpg




日本で見たことがない素敵な物ばかり。
欲しい物がいっぱいだけど、
トランクに入る量を考えないと大変なことに…

手芸の作品を販売するお店もあり、
とても参考になりました。

外が暑いので、屋内に入りました。




e0390487_22470778.jpg




e0390487_22472180.jpg




e0390487_22474294.jpg




e0390487_22482180.jpg




e0390487_22481915.jpg




e0390487_22512723.jpg




e0390487_22513974.jpg




e0390487_22520613.jpg




e0390487_22520141.jpg




e0390487_22521684.jpg




e0390487_22551298.jpg




e0390487_22553609.jpg




e0390487_22560682.jpg




e0390487_22561770.jpg




e0390487_22563076.jpg



チェルシー・フラワー・ショー
本場のフラワーショーは見応えありました。
最新のイギリスのガーデニングの世界が
此処にギュッと詰め込まれていました。




e0390487_23012824.jpg




e0390487_23014913.jpg




e0390487_23013760.jpg



とても楽しくて、刺激があって、
また来たくなりそうな場所でした。


この後、
チェルシーフィジングガーデンへ。




piecing flower🐰🇬🇧


# by piecingflower_v93 | 2019-06-13 22:22 | Comments(0)

ウィッチフォードポタリーの後、
ブロートン・キャッスルに向かいました。



e0390487_00421425.jpg



1300年に建てられたお城です。
御当主、伯爵が案内してくださいました。




e0390487_00423558.jpg



美しい布製品に目が止まります。




e0390487_00431739.jpg




e0390487_00432226.jpg



窓際に飾られていた額絵です。
広いお部屋の窓の側で
女性がキルティングしています。

あら?
天井の模様、壁、入口の装飾。
今、私がいる 、この部屋と同じです。

このお部屋で優雅に針仕事をして
お暮らしになられていたのですね。




e0390487_00440932.jpg




e0390487_00573582.jpg


石造りの壁に囲まれたガーデンです。
石の窓の外には羊がいる牧草地が広がり、
川が流れています。




e0390487_00580327.jpg




e0390487_00575840.jpg




e0390487_00580363.jpg




e0390487_00581178.jpg




外壁に沿うように
ボーダーガーデンが作られています。
とても美しい花が植えられていました。

ウィッチフォードで写真を撮りすぎて
電池がなくなりました。残念。




e0390487_19583192.jpg




e0390487_01164401.jpg




e0390487_01170303.jpg



コッツウォルズからロンドンに向かいました。
菜の花畑、牧草地の羊とお別れしました。



夕方、ロンドンに着き、
中華レストランで夕食。

その後、ケイ山田先生が
グロブナーハウスホテルのティーに
連れていってくださいました。

蓼科バラクライングリッシュガーデンに
所縁のあるイギリスの方々と御一緒です。

ハンナ・マイルスさん。
 4月に蓼科でアフタヌーンティーを
ご馳走してくださいました。
シェフ・パティシエ、ケーキの女王です。

バーバラ・セガルさん。
ハーブ専門家です。
6月、蓼科バラクラフラワーショーで
講義と実技のレクチャーがあります。




e0390487_01262775.jpg




e0390487_01265299.jpg




e0390487_01264824.jpg


ホテルの中は、淡いピンク色のお花が
たくさん飾られていました。
可愛くて、とても上品です。

この素敵なホテルに飾られるような
寄植えを作りたいと思いました。




e0390487_01265201.jpg




e0390487_01265547.jpg



雨のロンドンの街をタクシーに乗り、
ホテルに着きました。
長い長い一日でした。

明日は、いよいよクライマックス!
チェルシー フラワーショーです!!



piecing flower🐰🇬🇧



# by piecingflower_v93 | 2019-06-12 22:22 | Comments(0)

ウィッチフォードポタリーのガーデンです。




e0390487_21262081.jpg




e0390487_21262867.jpg




e0390487_21264894.jpg




e0390487_21280174.jpg




e0390487_21315534.jpg




e0390487_21334091.jpg




e0390487_21345451.jpg




e0390487_21350941.jpg



プライベートガーデンへ
案内していただきました。




e0390487_21353118.jpg




e0390487_21402511.jpg




e0390487_21414778.jpg




e0390487_21430614.jpg




e0390487_21442411.jpg




e0390487_21450394.jpg




e0390487_21481061.jpg




e0390487_21482942.jpg




e0390487_21492532.jpg
 



e0390487_21533936.jpg




e0390487_21534296.jpg




e0390487_21540242.jpg




e0390487_21572350.jpg


カフェでランチをいただきました。
ポール・ウィリアムズさん御夫妻、
ジム・キーリングさんも御一緒に
賑やかなお食事となりました。




e0390487_21575417.jpg




e0390487_21581653.jpg




e0390487_22050448.jpg




e0390487_22052156.jpg


かわいい物がいっぱい飾ってある
おもちゃ箱のような楽しいカフェです。




e0390487_22053631.jpg




e0390487_22054954.jpg




e0390487_22060367.jpg




e0390487_22104679.jpg




e0390487_22110881.jpg




e0390487_22113189.jpg




e0390487_22115559.jpg




e0390487_22135288.jpg



e0390487_22201872.jpg



数十年前に、母が持っていた本で
初めてウィッチフォードの鉢を見ました。
ずっとずっと憧れていたこの場所を
訪れることができました。


ジム・キーリングさんの本をバイブルとして
コンテナガーデニングを楽しんでいます。
寄植えに行き詰まった時に
ジムさんの本を見ると心が安らぎます。




e0390487_22210909.jpg




e0390487_22213082.jpg




e0390487_22215056.jpg




e0390487_22322600.jpg



忘れられない、素晴らしい一日。



piecing flower🐰イギリス🇬🇧



# by piecingflower_v93 | 2019-06-11 22:22 | Comments(0)